蝶タイとの出会い

私は、十代の頃から蝶タイが大好きで常に20本ほど持っていて
シーンに合わせて楽しんでました。
 
歳とってからお出かけの機会も少なくなって しばらく蝶タイから遠ざかってましたが
最近また、その熱が上がってきて、今度は手作りにも挑戦しようかと意気込んでます(^^)
 
 
蝶タイが好きになったきっかけは…
 
子供の頃、チャーチル首相の蝶タイ姿を本で見たのが最初だったかも。
シルクハットに大きな葉巻、そして水玉模様の蝶タイ。
 

 

戦時下に国を率いる重圧に毅然と立ち向かう彼流の主張だったのかもしれません。
そんな彼の写真がとてもカッコ良くチャーミングな印象を受けました。
 

 

その後、ショーン・コネリーのタキシード姿に憧れ、蝶タイの魅力にハマりました。
蝶タイはそれ一つでエレガントで存在感のある装いに変身させてくれる優れものアイテムです(^^)
 
フォーマルだけじゃなく色々楽しめますので、そんな楽しみ方をシェア出来たら良いかなと思っています。
男女問わず、ちびっ子から、人生経験多き方^^まで、蝶タイ一つでちょっと嬉しいお洒落ライフをご提案♪